へんしんバイクClub

へんしんバイクに関する情報を発信するへんしんバイクClub

https://henshinbike.club

へんしんバイク

へんしんバイクはあり?なし?気になる使用感をレビュー

投稿日:

へんしんバイクは、ストライダーのように両足で地面を蹴って進むことができるバランスモードから、ペダルをつけて自転車のように乗れるバイクモードに変身できる優れものです。
一台二役って、それだけで憧れますし、実際にへんしんバイクを買おうか迷っている方も多いのではないでしょうか。
こちらでは実際にへんしんバイクを使ってみた使用感についてまとめていきたいと思います。

※ちなみに我が家では3歳すぎにへんしんバイクを購入、4歳になる直前でバイクモードに切り替えました。

へんしんバイクの良いところ

ここまで一年以上使ってみた感じでは、へんしんバイクを買ってよかったと思っています。
一台二役というのはとてもお得感がありますし、それ以上の価値を感じています。

本当に30分で自転車に乗れた

HPや商品の紹介でされている「え!?わずか30分で自転車デビュー!」という文句に惹かれて購入しましたが、タイトル通りバイクモードに切り替えてからわずか30分で本当に乗れるようになりました!補助輪つき自転車をすっ飛ばして、いきなり自転車デビューなんて昔からしたら考えられません。

最初は後ろから押していたりもしましたが、いつの間にか自分の足で地面を蹴って一人で乗れるようになっていたので慣れってすごいなー、と感心しました。

慣れたサイズのまま自転車に乗れる

例えばストライダーから子供用自転車に移行する時には、重さの違い、フレームサイズの違いなどでうまく乗れないことがあります。

その点、へんしんバイクはバランスモードで5.3kg、バイクモードで7.5kgとそこまで大きな差はありません。
最初は5.3kgで重いかなと思ったのですが、バイクモードになる頃には体も大きくなっているので、慣れる期間としてはちょうど良さそうです。

ちょっとした感覚の違いでバランスの取り方も変わってしまうので、サイズに大きな違いがなくそのまま自転車に移行できるというのは安心で安全です。

スタンドをオプションでつけることができる

バランスモードの時にはスタンドはつけられませんが、バイクモードになった時にオプションでスタンドをつけることができます。

ペダルがあるとどうしても玄関に置くのは邪魔になってしまいますから、自転車置き場におけるというのはありがたいです。
スタンドがあることで、使わない時も立てかけることなく、自立させられるので壁などを探す必要がありません。

へんしんバイクの困ったところ

もちろん、良いところばかりではありません。
実際に使ってみないと分からなかったなー、という点もありますので参考になれば。

3歳ではつま先しか届かずバランスを保てない

カタログでは3歳からバランスモードで使えるとのことでしたし、実際に店頭でまたがった感じでは大丈夫そうだったのですが、いざ公園で使ってみるとつま先しか届かずよく転んでいました。

平均よりも体は大きめの方だったのですが、結局本格的に乗り始めたのは3歳半くらいになって足がべったり地面につくようになってからです。
ストライダーもそうですが、しっかりと足裏がつくようになってからでないとバランスが崩れた時に危ないです。

特に3歳の時の5.3kgは意外と重いです。
バランスを崩すとあっという間に倒れてしまうので、足裏がしっかりつくようになってから購入をした方が安全です。

ブレーキは意外と難しい


バイクモードで走るためにはブレーキがないと危ないのですが、3歳児にとってブレーキの操作は意外と難しいものです。
バランスモード時にはブレーキの存在は無視して、ストライダーと同じように足で止まるようにしましょう。

またバイクモードに切り替わっても、最初はブレーキを握るのが大変です。
娘は標準よりも大きい方だったのですが、それでも4歳でバイクモードに切り替わってもしばらくはブレーキを握りこむことができず足で止まっていました。

確かに乗ることは30分でできるようになったのですが、ブレーキで止まることができず、足をおろそうとしてペダルに足が引っかかって転んでしまうということも起きていました。
補助輪付きの自転車でしたら、安全にブレーキの練習をすることができるので、このあたりは考える余地があるかなと思います。

サドル止めが緩い時がある


サドル止めが緩い時があるので、乗っている時にサドルが横を向いてしまったり、落ちてきてしまうことがあります。
これはその都度、注意してみてあげて方が良さそうです。

また、サドルを一番下にセットしていると、サドル止めをきつく止めることができない時があるため、サドルが揺れてしまう場合もあります。
これはサドルの形的にしょうがないのかもしれませんが、「サドルが揺れる=転倒しやすくなる」のでサドルが止めやすい位置を確認しておきましょう。

へんしんバイクは3歳をすぎてからがオススメ

実際にへんしんバイクを使ってみた感想としては、3歳すぎて足がしっかりとつくようになってから買うことをオススメします。
そこからでもすぐに慣れて、4歳になった頃には補助輪を使わずに自転車に乗れるようになります。

どうしても早めに乗せたいという方にはストライダーの方がいいと思いますが、ストライダーから子供用自転車に移行する際には、重さやサイズ感の違いで戸惑う可能性もありますので気をつけてくださいね。

-へんしんバイク
-, ,

Copyright© へんしんバイクClub , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.