へんしんバイクClub

へんしんバイクに関する情報を発信するへんしんバイクClub

https://henshinbike.club

へんしんバイク

へんしんバイクとストライダー比較レビュー

投稿日:

お子さんが走り始めて外の活動が増えてくると、少しずつ行動範囲が広がってきますよね。
将来的に自転車に乗るためのことを考え始めるのもこの時期からではないでしょうか。

最近では、足で地面を蹴って進むストライダーが流行ってきていますし、ペダルをつけることができるへんしんバイクに乗っているお子さんを見かける機会も増えてきました。
実際、我が家も両方使ったことがありまして、どちらも良い点・悪い点があるなと感じます。

どちらを買おうか迷っている方も多いと思うので、両方を使ったことがある立場でレビューをしていきたいと思いますね。

へんしんバイクとストライダーの違い

まずはこちらの表をご覧ください。
皆さんが気になるへんしんバイクとストライダーを比較しています。

※2歳から使えるへんしんバイクSという小さいサイズも出ているのですが、私はあまりオススメしていません。
理由は後半にて解説しています。

ちなみにへんしんバイクはペダルをつけていない変身する前の形での比較となります。

大きさの違い

まず、気になるのは何歳から乗れるのか、という点ではないでしょうか。
対象年齢を見ていただければわかると思いますが、これはシートの高さの設定によります。
ストライダーはシート高を一番低くしておくと、約30cm。
これは1歳半の子供の平均の股下長さになります。
へんしんバイクの最低シート高は3歳児の股下平均である37.5cmに設定してあるので少し高めですよね。

実際、私の子供が3歳になった時にへんしんバイクを購入したのですが、ギリギリ足がつくぐらいのシート高でうまくバランスが取れず、半年ほどは乗ることができませんでした。

重さの違い

ストライダーは3kgなので、かなり軽いです。
1歳半では少し扱うのが大変かもしれませんが、2歳になればかなり余裕を持って扱える重さです。
へんしんバイクは約5.3kgとやや重め。
これはブレーキシステムがあるから仕方がないといえば仕方がないのですが、やはり5kgを超えると3歳の子では取り扱いが大変です。

バイクに乗っていなくても、ハンドルを持って押しているだけでもバランスを崩しやすくなるので、この辺も気にしておくといいかなと思います。

ブレーキの有無

重さの違いでもお話ししましたが、ブレーキの有無がストライダーとへんしんバイクの大きな違いです。
ストライダーはブレーキがないことで、ハンドルが360°回るように設計されており、転んだ時にも体への衝撃を逃すことができます。
またブレーキがない分、車体重量も軽くなっています。
実際、2歳くらいですと握力も弱いですし、ブレーキの仕組みを理解するのは難しいかなという印象があります。

へんしんバイクはペダルをつけて乗ることを想定して作られているので、ブレーキシステムは必須です。
とはいえ、ペダルをつけていない時のバランスモード時にブレーキを使うことはありませんでした。
3歳でもブレーキを握るのは難しかったように感じます。

へんしんバイクSをオススメしない理由

2歳から乗れるということですが、ペダルなしで5kgの重さは結構な負担になります。
しかも道路で練習するわけにはいきませんから、公園まではお母さんが運ばなければいけません。
お子さんを見ながら5kgのバイクを持っていくのは結構大変です。

しかも、ペダルをつけられるものの自転車としては小さいので、ペダルつきで乗れるようになったら小さく感じて子供用自転車を買いたくなってしまいます。

実際にどちらの方がオススメ?

では実際にどちらの方がオススメかという点が気になりますよね。
参考までに我が家では、上の子は2歳からストライダー→4歳でキックボード→5歳で子供用自転車、下の子は3歳からへんしんバイク(バランスモード)→4歳の誕生日でペダルをつける、という流れでした。

上の子は補助輪期間が多少あったものの、それでも半年ほどで補助輪は外れましたし、下の子は補助輪を使わずに本当にペダルをつけて30分で乗りこなしていました。
早めから二輪に慣れさせたいようであればストライダー、そこまで焦らなくても良いのではないかという方にはへんしんバイク、です。

ストライダーの良い点・気をつける点

ストライダーに乗ることで二輪でのバランス感覚を早い段階で養うことができますし、軽いので子供にも簡単に操作ができます。
構造的にも単純なので壊れにくいのも良いです。
ただし、タイヤが少し固めてなので段差などがあると衝撃強めかもしれません。

ストライダーに慣れて、子供用自転車の流れで行くことができれば理想ですが子供用自転車は重いです。
最初は補助輪ありで乗ることになりますが、補助輪ありとなしでは全く別の乗り物になります。
補助輪に慣れてしまうと補助輪を外すのに時間がかかってしまうこともあるので要注意かもしれません。

へんしんバイクの良い点・気をつける点

へんしんバイクは3歳過ぎからですので、多少の重さがあっても扱うことができます。
半年から一年ほどでペダルをつけることになると思いますが、実際に使ってみた感想としては本当にペダルをつけてから30分でペダルをこげるようになります。
形状が同じなので、同じ感覚で乗れるのではないでしょうか。

ただし、気をつけるのはペダルをお父さんが一人でつけるのは結構大変です。
私は1時間ほどかかりました。
おそらく購入したところに持っていけば無料でやってくれると思いますが、それでも時間はかかります。
またシートやハンドルが緩んでくることもあるので、多少の工具の知識などもあったほうがいいかなと思います。

二輪にケガはつきもの、安全に配慮を

どちらを購入するにしても、お子さんが楽しんで乗れるように、お父さんお母さんはあまり手を出しすぎずに見守ってあげましょう。
乗れないからと怒っている方や転ばないように支えすぎている方を見かけますが、転ぶことで体が覚えることもあります。
小さい頃は体重も軽いので重傷にはなりにくいです。

ヘルメットと肘当て、膝あては必ずするようにしましょう。
多少の擦り傷はできると思いますが、早いうちから二輪に乗せたいのならあまり手や口を出さない方がいいかもしれませんよ。

-へんしんバイク
-,

Copyright© へんしんバイクClub , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.